糖尿病性腎症」タグアーカイブ

糖尿病性腎症の食事療法は宅配食がベスト!

人は加齢とともにインスリンの働きが低下するため筋肉への糖の吸収が減っていきます。したがって、血糖値が上昇しやすくなります。とりわけ食事の後は、ブドウ糖がいっぺんに体の中に吸収されるため血糖値が上昇します。血糖値上昇を抑える手段として「ベジタブルファースト」があります。まずは野菜から食べるといった食事法です。食物繊維を豊富に含むゴボウやキャベツといった野菜は、他の食べ物の消化吸収を緩やかにする作用をもたらします。ご飯や麺類などの炭水化物に含まれる糖質をゆっくりと吸収するため、体内におけるブドウ糖の吸収を緩和します。糖尿病性腎症とは、血糖値を下げるインスリンというホルモンの機能が悪化し、継続的に血糖値が高いままの病気です。糖尿病性腎症の治療の目標は、生涯にわたって体重に加え血中の状態(血圧・血糖・血清脂質)のバランスを良好に保つことで、例えば、網膜症・腎症・神経障害などの合併症、心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽などの動脈硬化症を予防し、病気に縛られない普段の生活や充実した人生をおくるようにすることです。さまざまな治療法のうち、適切な食事療法を介して、糖尿病性腎症の悪化を防ぎ、その他の合併症や動脈硬化症への予防にもつながります。もし糖尿病性腎症になってしまったら、好きなものを食べられないと考える患者さんがほとんどかもしれません。しかし、糖尿病を患ったからといって、食べられない食品はほとんどありません。「食事療法」用に用意された献立があるのではなく、それぞれに必要な総摂取エネルギーと栄養素を考えることが大切になります。もともと食事療法の目的は、糖尿病性腎症の方だけに必須な条件ではなく、一般の健康な方たちにとっても必要なことなのです。「緩やかな糖質制限食」は、1食につき摂取する糖質が40gまでとされています。3食バランスよく食べて、ご飯の量を少なくすることが大事です。若い人が好む「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番不適切です。「カツ丼とざるそばセット」のようなものも同様です。すなわち、糖質ばかりの食事はよくないということです。糖質制限の観点からも「幕の内弁当にしましょう。そしてご飯は半分残しましょう」と、指導しています。「緩やかな糖質制限食」では、厳密なカロリー制限をせずに、野菜のほか、お魚・お肉もいっぱい食べましょう。体内時計が乱れると2型糖尿病性腎症や肥満のリスクが上昇します。日々の睡眠・体温・血圧、あるいは体内の糖代謝・脂質代謝といった、全ての生理機能には日内リズムがあって、「体内時計」によって制御されています。「体内時計」と日々の生活スタイルは、密に関係します。「体内時計を考えた栄養学」が「時間栄養学」とよばれています。「何をどのくらい食べるか」という従来の栄養学に、体内時計の特徴を踏まえた「いつ食べるか」を加えて、食事のリズムと機能性との関係について調べる新しい研究分野です。糖尿病を大別すると、1型糖尿病性腎症・2型糖尿病・その他の糖尿病性腎症となります。その中でも、食生活や生活習慣と関わりが深く発症率の高さで最も多いのが、「2型糖尿病性腎症」です。血糖値が高くなっても自覚症状を感じることが稀なため、その状態が継続、悪化してしまうと様々な合併症を誘発します。2型糖尿病性腎症の大きな原因は誤った食生活に由来するため、治療には食生活の見直しと改善が必要です。糖尿病性の合併症を防ぐための体重や血糖のコントロール、さらに悪化の抑制を目的とするのが食事療法です。数多くの食品群にはさまざまな栄養素が含まれており、それらを適量摂取することが、糖尿病を患った方には非常に大事な食事法です。バランスのよい食事をとるためには、適切なエルルギー量の範囲内であることが大事であり「糖尿病食事療法のための食品交換表」は、非常に役に立ちます。食品交換表では私たちが日常食べている食品を、栄養素が多く含まれる種類によって、6つの食品グループと表で示し調味料とは分けて、食品の重量を1単位80kcalとして掲載しています。食品交換表をもとに普段の食事を意識すると、料理の種類も豊富になります。糖尿病に罹患する可能性を告げられた方のなかには、「食生活を改めたいけれど、なかなか難しい、体も適度に動かしているから大丈夫」と感じてる方もいるでしょう。大抵は糖尿病性腎症予備軍で症状が出ることは稀なので、予防のための注意を払うことは少ないかもしれません。糖尿病性腎症予備軍から次第に境界型へと症状が移行すると、病状が顕著になり始めます。体内の重要なホルモンのうち、血糖値を下げるために欠かすことのできないインスリンの数値に変化が及ぶ状態は、糖尿病性腎症と診断される前の段階からあります。食事について、一日3度の摂取量は同量程度が望ましいのですが、夕食の分量に多く偏ってしまいます。どんなに忙しくても、食事は20分かけてゆっくり食べることです。ゆっくり食べた方が、血糖値の上昇を抑えられたり、満腹中枢が満足したりするからです。いくら仕事が忙しくても、5分ぐらいで食事をしてしまうのは避けましょう。食物繊維には血糖値を下げるメリットがありますので、海藻類やきのこ類はたくさん摂取してください。ポテトやコーンは糖質が多いので要注意です。医師から指示されている1日の総摂取エネルギーが1600kcalの場合、1日における食品との交換は20単位となりますが、バランスのよい栄養素を摂取することが大事になってきます。「食品交換表」には、食品だけでなく主な外食メニューも載っています。参考にして、ある程度のカロリーや栄養素を覚えておくとよいでしょう。また、薬物療法を受けている患者さんの場合は、適切なタイミングで食べものを摂らないと、状況次第では低血糖になるおそれがあるので注意が必要です。日々の献立作りに変化を取り入れたり、上手に外食の仕方を工夫して、満足のいく食事療法を実践してください。

もっと詳しく調べたい方はこちら⇒糖尿病性腎症 食事 宅配