腎臓病で注意が必要なカリウムは水に流出しやすい

投稿者: | 2018年2月5日

動物性・植物性問わず、肉や魚その他卵や豆腐はまあまあな量のたんぱく質が含有されており、食べ過ぎに注意が必要な食品です。甘いものには意外にたんぱく質が多く入っているのです。お菓子は製造過程で小豆や牛乳(最近では、給食のメニューに含まれていない学校もあるのだとか)・卵が使用されているので、エネルギーがほしいからと言って一気に食べると、基準値を超え立たんぱく質を摂取する事になります。例としては、ショートケーキ単品であったとしても卵1個分と同程度のたんぱく質が含まれている所以です。腎臓病における食事療法の意味合いは、腎臓病を極力進行指せない事と、健康状態の維持になります。透析の要らない保存期のうちは、食事療法次第で腎不全の進行をスローペースにし、結果的に透析を開始する時期を遅くできます。この他、透析を要する状況となっても、体調を維持しながら透析に当たるために、食事療法は必須なのです。人間の体にとって重要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質(大きく分けると、単純脂質、複合脂質、誘導脂質などに分けられます)があるんです。糖質や脂質(大きく分けると、単純脂質、複合脂質、誘導脂質などに分けられます)は体の中で燃焼すると水と二酸化炭素になり、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質については性質上分解されると7~8割程度窒素を含んだ不要な老廃物になってしまうため、排泄時に腎臓に負担がかかります。この事から、たんぱく質の摂取量には注意する必要があるんです。体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質の量は体重1kg当たり0.6g/日求められ、一日分で言えば30~40gに相当します。カリウムは水に流出しやすいので野菜・芋類は小さめに切ってから茹でこぼし或いは水さらしを済ませてから調理をはじめましょう。茹でる事で無くせるカリウムの値は、使用する食品の種類や調理の際の水分(水分が含まれていないほど、保存性が高くなるでしょう)量・形状・所要時間によって変化が見られます。ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。細かくカットする、茹でこぼしを怠らない、ちゃんと搾るようにすれば、それだけ効果は期待できます。腎臓病に罹ると糸球体にダメージが出るので普段通りに血液が通わなくなり、不要な水分(水分が含まれていないほど、保存性が高くなるでしょう)やナトリウムが体内に蓄積しやすくなってしまいます。加えて尿と一緒に排出されて無くなるべき老廃物に至るまで、体内に増えてきます。このような状況になると、血液内に窒素が増えていき、尿毒症の誘因になったり、ナトリウム濃度が増加し高血圧を引き起こす危険性が出てきます。故に的確な食事療法を設けて、一定の水分(水分が含まれていないほど、保存性が高くなるでしょう)・塩分・蛋白質・エネルギーを摂り続ける必要があるんです。クレアチニンに関しては筋肉中にある物質を通じて生成される老廃物になり、腎臓に行き分離された後尿と一緒に体外へ出されます。クレアチニンの量は、筋肉や運動量で変わってきます。そのため、一般に女性より男性のほうが高値に出ます。筋肉量が少なくなれば、同時にクレアチニンの値も落ち込みます。加えて、妊娠状態にある際は、尿と合わせて排出するクレアチニン量が飛躍するので、平常時にくらべてクレアチニンの値が下がっていきます。浮腫が目立ったり尿量があまりにも少ない場合は、塩分以外に水分(水分が含まれていないほど、保存性が高くなるでしょう)の制限も付随してきます。この際の制限の定義としては、飲み水の他、食品に含まれる水分(水分が含まれていないほど、保存性が高くなるでしょう)量も含めます。浮腫自体が無い又は軽度の場合は制限が必要になるのは塩分のみです。この場合の水分(水分が含まれていないほど、保存性が高くなるでしょう)制限は病気の状態や尿量を踏まえて医師が決めます。脱水は腎臓機能を悪化指せる要因になるので自身のみの判断で制限を行うのは宜しくありません。腎臓病でお困りの方に適した、低たんぱく質で済む特定な食品が製造されています。食事管理を続けていく上でこうした食品は不可欠でしょう。腎臓の機能が落ちていく程、より厳正に食事を制限しないといけません。この他、糖尿病がある方でしたら血糖値を上げないために、エネルギー制限が加わります。食事内容は自己流で判断せずに、きちんとした知識をもつ医師や栄養士を頼るように心掛けましょう。食事によって獲得し立たんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、いくらかは老廃物になり血液中に留まります。血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、無駄な老廃物は尿を出す際に一緒に排出されます。過度にたんぱく質を摂取すれば、老廃物はそれだけ増えますので、腎臓に悪影響を出します。正常な腎機能であるために、無用なたんぱく質は摂らない方が良いのです。けれど、たんぱく質は人体を動かす重大なエネルギー源となるため、一定値は摂取しないといけません。腎臓病でも食事療法が適切であれば、体内に老廃物や毒素は蓄積されていきません。老廃物が残らない状態になれば尿毒症を未然に防ぎ、腎臓病の悪化を極力抑える事が可能なんです。だいぶ効果が出た場合には、腎臓病の進行が止まったと言っていい程遅らせる事が可能なのです。食事療法は困難だと捉えられがちですが、実際はそこまで厳しいものではありません。食事療法は、患者が自分から意欲的に手掛けられる最善の治療方法です。もっと詳しく調べたい方はこちら>>>>>腎臓病 食事 宅配 ランキング